meeting with remarkable people #16

老子

不明(B.C.3-5世紀など諸説あり)

中国、春秋時代の思想家。道家の祖。史記によれば、姓は李、名は耳、字は伯陽。楚の苦県・曲仁里(江南省)の人。周の守蔵室(図書室)の書記官。

もっともすばらしい人間は
水のようだと喩えることができる
水はあらゆるものに潤いを与えて
手柄を誇らず また
人々のもっとも嫌う低い所にとどまり
それゆえ道(タオ)にそっくりだと言えるのである
水は低い所へ流れて
その心は深く
万物は水によって生命を得るのである
水はよく澄んでよく他者を映し
あるいは他者をよく洗い清め
器しだいでどんな形にもなり
四季の時節をはずすことがない
もっともすばらしい人間は
水のような美徳を備えているために
咎めがないのである
– 王明 校訂・訳 –
老子(全)』より

さて、「老子」である。
経歴を書くのに、これほどやっかいな人物はいない。なにしろ、本人が無名性を重んじてそれを標榜しているぐらいだから、数々の伝説は残っているものの、その全貌は永遠の謎である。しかし、スピリチュアルな思想の流れを見る上で、どうしてもはずせない人物であることもまた確か。<タオ>という他に類を見ない思想は、現代に至るまで大きな影響を与え続けている。

老子唯一の著書とされる『道徳経』は、世界各国の言語に翻訳され、多くの人にインスピレーションを与えてきた。
老子とは何者なのか? ここでは、実像には到底至らないことを前提の上で、いくつかの史実をつなぎ合わせてみたい。

司馬遷の『史記』によれば、姓は李、名は耳、字は<たん>または伯陽。河南省の出身であるとされている。時は、紀元前4~5世紀頃、周の守蔵室(図書室)の書記官として長く勤めたが、道と徳を修め、名声を上げないことを信条としていたという。今で言えば、国立図書館の司書として、目立たず静かに、独自の思考を極めながら暮らしていたという感じだろうか。

「老子」という言葉は、もともと「老先生」を意味する普通名詞だったことから、匿名を望んだ著者の筆名であったと考えられている。それ以外にも、複数の思想家の集合体だという説、架空の人物である説などがある。いずれにしても、その思想がまとめられて一冊の『道徳経』となったのは、紀元前3世紀前半の頃と思われる。

『史記』の中にはエピソードとして、孔子が老子に教えを受けた時の様子が描かれている。老子の元へ若き日の孔子が訪れ、「礼」について訊ねた。老子は、「君が慕う上古の聖人もその身はおろか骨さえ朽ち果てて、今はただむなしい言葉を残すだけである。『君子はすぐれた徳を身の内深く備えて、外貌は愚かなように見える』と聞くが、君の高慢な多欲と、もったいぶった態度と迷いの念を取り去りなさい」と説教をして追い返した。後に孔子は、弟子たちに「老子はつかみどころがなく、龍のような人だ」と語る。しかし、孔子より後代の人だという説もあり、『孔子家語』には、別の伝説も残されている。また、老子を始祖とする道家の系譜は漢代に入って作られたものでもあり、このあたりの伝承の真偽は、やはり謎である。

それでもまた『史記』に戻って、晩年の姿を追ってみよう。長らく周に勤めた老子であったが、いつまでも変わらない君主の在り方、行き過ぎた人の欲望や文明の弊害を憂い、周の衰運を見定めて去ることを決断した。周の境にある関所にさしかかると、老子の正体を見抜いた関令(関守)の尹喜が、隠退の前に教訓を書き残すように要請する。そこで老子は道と徳に関する上下2篇5千数百字からなる『道徳経』を著して与えた。かくて老子は関所を後にするが、その後、彼の消息を知る者は誰もいない。老子は道を修めて寿を養ったおかげで、160歳~200余歳の長寿を保ったと言う。

これらの伝説は、様々な虚構の修正から成り立っている。だから、本来、老子の実像を見極めるためには、その著書『道徳教』に因るしかないのかもしれない。そしてこの稀代の書は、固有名詞を全く持たない思想書なのだ。

老子の思想が他と大きく異なるのは、その出発点にあると言えるのではないだろうか? 世を変え、人を変えようとすれば、その反動として常に矛盾が生じる。しかし、タオの思想からは決して矛盾が生じない。誰にも否定しようがない、という圧倒的な強みを持っている。何かをとらえようとすれば、それはすでに道ではない、と彼は言う。すなわち、老子の実像自体をとらえる意味など何もない、ということに帰着してしまうのは、タオがタオたる所以だからかもしれない。


Related Books

老子(全)
自在に生きる81章
王明 校訂・訳
地湧社
1700円+税

中国で生まれたタオは、つかみ所のない流れをもつ深遠な思想である。老子は、「何かをとらえようとすれば、それはすでに道ではない」と言った。それは、宇宙的なものを得るひきかえに、現世の小さな欲望などにはとらわれないとは考えられないだろうか。2500年前に書かれた『老子道徳経』の原本に限りなく近い重要な資料が近年出土した。本書はその出土資料を校勘したテキスト。中国語と日本語を母国語とする詩人の翻訳によって甦る、「道=タオ」のエッセンス全81章。『老子道徳経』現代語訳の決定版。

タオ
ヒア・ナウ
老子 著、加島祥造 訳
PARCO出版
1922円+税

老子が残したタオの思想は、あらゆるものを包括している。そのため、それを伝え、理解するのが困難となる。本書は英訳された原書をさらに日本語にすることで、現代に生きる私たちにタオの片鱗をつかませてくれるようだ。

易経 上
高田真治、後藤基巳 訳
岩波書店
720円+税、760円+税

スピリチュアルな思想の中で、タオは特異な位置にある。2000年以上の時が経っても新しさを失わない、そのエネルギーはどこから来ているのか? 易は、中国の森羅万象を説明する。今やコンピュータや高等数学の分野でも盛んに研究されている陰陽の世界とは?

「老子」 新訳
名のない領域からの声
加島祥造
地湧社
1500円+税

詩人、タオイストである著者が90歳を迎え、3度目となる『老子道徳経』81章を翻訳。枠にはまらない、自由な言葉で綴られるタオの思想は、あたかも隣で老子が語りかけているかのような生命力がある。頭で理解するのではなく、心で静かにそのエッセンスを感じとってほしい。

タオとコブタ
ベンジャミン・ホフ
平河出版社
1650円+税

『タオのプーさん』に続く本書は、クマのプーの親友であるコブタが主人公。小さくて怖がりなコブタが、小さいままに大きな変身をとげてゆくなかで、私たちに宇宙の摂理「道(タオ)」を示してくれる。

人間関係にあらわれる未知なるもの
身体・夢・地球をつなぐ心理療法
アーノルド・ミンデル
日本教文社
1619円+税

ユングの流れを汲み、シャーマニズムの手法からヒントを得ているプロセス指向心理学の本書。あらゆる関係性のエッジにある現象と投影から無意識の扉を開き、新しい方向性に目覚めさせる。コントロールの手法ではなく、起こる現象を信頼し共有する視点。目の前の他人もまた個々人の意識が影響を及ぼした結果、存在していると考え、心理学の枠を超えた老子思想のタオのテイストが興味深い。

タオの子育て
子どもを育て、親を育てる81章
ウィリアム・マーティン
サンガ
1800円+税

二千五百年の歴史をもつ『道徳経』に基づいた、子育てをする親たちへのメッセージ。人生のどんなストレスや試練にも耐えうる子どもを育てるための、タオの育児法が満載。欧米的な考えとはまた違った視点から、大いなる母、すべてのものの源泉がみえてくる。

【used】タオのリーダー学
新時代を生きぬくための81の戦略
ジョン・ハイダー
春秋社
1000円+税

あなたはどんなリーダーだろうか。賢いリーダーは水のように柔軟である。ときに戦士に、ときに人を癒すヒーラーのように、何者にもとらわれず、変幻自在である。本書には、老子のエッセンスが現実社会で活躍するリーダーへ向けて、凝縮されている。

●現在庫が切れると価格が変更する場合があります。

●古書のため、傷、シミ、折れがある場合がありますのでご了承ください。

●古書の返品、交換は受け付けておりません。どうぞよろしくお願いいたします。

Related This Colum