Meeting With Remarkable People #31

アリス・ベイリー

1880 - 1949

イギリス生まれ。神智学協会系分派や秘教学校Arcane Schoolを創設。
ジュワル・クール大師から受けたという教えを広めた。
また、トライアングル瞑想の普及、慈善活動など様々な奉仕活動も推進。
「内光協会」に影響を与えた。

 世の中には、特殊な感性や能力を持って生まれてくる人がいる。たとえば、自分ではないものからのメッセージを感受する、ミディアム(霊媒)的な素質を持った人。20世紀初頭、自動書記により18冊もの本を遺したアリス・ベイリーという女性もそのひとりだ。

 1880年、アリス・ベイリーは、英国マンチェスターの裕福な家庭に生まれる。9歳までに両親が結核で他界。アリスは、妹と共に伝統的なクリスチャンである叔母にひきとられた。厳格な教育方針の元で育てられたが、多感な彼女は精神的な危機におそわれ、3回の自殺未遂を起こした。

 15歳になったある日、彼女が一人で読書をしていると、突然、頭にターバンを巻いた見知らぬ男が目の前に現れる。そして、彼女の能力や将来について語りだしたのだった。この不思議な体験は、後の彼女の一生を象徴する出来事となる。

 1902年、22歳の時、教会の日曜学校で教えていたアリスは、兵士のための保養所で働きだす。その仕事の延長でインドに渡航した際、兵士だったウォルター・エバンスと恋に落ちる。1907年、27歳で聖職者となったエバンスと結婚。夫婦でアメリカに渡る。

 新天地での生活は、厳しいものだった。牧師の妻として努めたアリスは、3人の子供をもうけたが、夫はしだいに彼女に暴力を振るうようになり、結婚は破綻。彼女は生活を支えるために、朝4時に起き、子供を隣人にあずけ、工場で働き夕方4時に帰宅、日々の雑用をこなしてから深夜まで読書をするという毎日を過ごしていた。この頃から、ブラヴァツキーの著作に傾倒しはじめる。

 ある時、神智学協会の聖堂の中に描かれた絵を見ると、15歳の時に現れた、クート・フーミ大師の姿がそこにあった。この事実によって、彼女は次第に自分の使命を考え始める。

 1919年、39歳の時、神智学協会で働くフォスター・ベイリーと出会い、後に再婚。同じ年、ジュワル・クール大師からのメッセージを受け取る。大師は、彼女のすぐれたテレパシー能力を使い、彼の教えを思念伝達により筆記するよう要請したという。生真面目な彼女は、いったん申し出を断るが、大師の説得により、この使命を受けることを決意。

 こうして、自動書記によって『イニシエーション』を初めとした数々の本を記したアリスは、神智学協会の中で一躍注目を浴びるようになる。ところが、アリス個人に対する反発、メンバーグループの派閥争いなどにより、協会内のトラブルは深刻化する。翌年には、アリス自身も協会を離れる道を選んだ。

 1923年、43歳の時、夫となったフォスターと共に、アーケン・スクールを創立。スクールの出身者には、イタリアの精神科医でサイコシンセシス(統合心理学)を創始したロベルト・アサジオリがいる。大師から受け取る教えが自動筆記によって書かれ、出版され続けた。また通信教育を利用して、その教えを広めることにも努めた。

 場合によっては、大きな権力にも発展しそうな活動だが、彼女の姿勢は一貫している。「私は大師の言葉を筆記した弟子に過ぎず、責任は大師にある。また著作の内容を全て理解しているわけでは無い。」このように、彼女は常にニュートラルな立場を守っていた。霊的な能力を持っている人が陥りがちな慢心を抱くことなく、謙虚さを持って尽力した。晩年においても、肉体の限界まで働くことに何の疑問も持っていなかったと伝えられている。1949年69歳の時、ニューヨークの病院でその生涯を閉じた。

 アリス・ベイリーの著作は、今なお世界中で読まれている。19世紀に生まれた神秘主義の潮流が新しい社会の変化の中で次世代へとつなげられていく。彼女は個を超える使命に生きた女性だったのかもしれない。


Related Books

イニシエーション
アリス・ベイリー
AABライブラリー

2100円+税

アリス・ベイリーが書き記した最初の本。人間の進化の最終段階という「イニシエーションの過程」を概説したもの。イニシエーションの過程を経て人間の段階を卒業したメンバーから成るグループ、ハイラーキーの構成や役割について述べられている。その後の著書を理解する上で基礎となる内容。

光線とイニシエーション 上・下
アリス・ベイリー
AABライブラリー
上3100円+税、下2900円+税

第一部では「グループ・イニシエーションのための十四の規定」についての解説、第二部では、光線とイニシエーションの関係、イニシエートがさらに進化するために行うべきこと、そして高位の進化の道に関しても述べられている。イニシエーション過程の全体像をつかむための格好の書。

トランス・ヒマラヤ密教入門 第一巻 〜第四巻
アリス・ベイリー
アルテ
各2500円+税

200年ほど前を生きた神秘思想家、アリス・ベイリー。このところ、彼女の書籍が相次いで復刊されているのは、時代が求めているからだろうか。人間の構造、時空と錯覚。現在、広く読まれているスピリチュアル系の知識の源流をこの中に見出す人も多いに違いない。

魂の光  パタンジャリのラージャ・ヨガ経典
アリス・ベイリー
AABライブラリー
2600円+税

ジュワル・クール大師が英訳したサンスクリット語のラージャ・ヨガ経典をアリス・ベイリーがその意味を同師に確認しながら注釈を加えたもの。

意識の進化
アリス・ベイリー
AABライブラリー
1300円+税

アリス・ベイリーがニューヨークで一般市民を聴衆に迎えて行ったレクチャーの記録。意識とは何か、進化とは何か、そして意識の進化がどのようなプロセスで進展していくかが明解に述べられている。

新時代の弟子道 1〜6
アリス・ベイリー
AABライブラリー
2100円+税~

ジュワル・クール大師がアリス・ベイリーを通して指導したグループのメンバー個々に与えられた教えを公開。それぞれの抱える問題とその解決法が示される。

グラマー
アリス・ベイリー
AABライブラリー
2100円+税

世界的、個人的、全てのレベルに影響を与えているているグラマーとイリュージョン(幻惑と錯覚)について書かれた本。この二つを、自分自身の環境に当てはめるとき、マインドに付着した古いリズムを理解するヒントになる。秘教的に伝えられたテクニックを公開。

秘教心理学 第一巻
アリス・ベイリー
AABライブラリー
3200円+税

物質界にいる人間の生命と意識と外観を支配する光線特質とは何かについて書かれた本。宇宙に存在する七つの光線エネルギーを概説し、それが人の肉体、情緒、知性、魂などに作用するメカニズムを明かす。各光線は美徳や欠点の素因にもなるという。

秘教心理学・第二巻 上・下
アリス・ベイリー
AABライブラリー
各2800円+税

物質界にいる人間の生命と意識と外観を支配する光線特質とは何かを紐解く本。二巻では心理的な問題に触れる。

国家の運命
アリス・ベイリー
AABライブラリー
1700円+税

愛、調和、意志など7つのエネルギーが、人類の自由意志とは異なるところで、「感応メカニズム」を通して影響を与え、変化を引き起こし、表現され、国家を創り出す。様々な国家を光線と占星学の観点から分析し、新時代を迎える私たちが習得すべき課題を解説。

秘教治療 上・下
アリス・ベイリー
AABライブラリー
上2700円+税、下2800円+税

秘教的な観点から病気と治療をテーマにした本書。病気の根本的な原因、治療のための法則と規定、真の治療家に求められる要素やテクニックなど、様々なレベルから概説する。人間、そして宇宙の中に隠れた不完全さや悪、死の問題にも触れながら、魂を解放へと導く治療の科学。

秘教占星学 上・下
アリス・ベイリー
AABライブラリー
各2800円+税

天体を含む、宇宙にあるすべての生きた有機体間に存在する、極めて複雑で広大なエネルギーの流れ。「関係の科学」としての占星学を網羅。

宇宙の火 1・2
アリス・ベイリー
AABライブラリー
各2800円+税

神智学の大原典『シークレット・ドクトリン』に対する心理的な鍵を与える書として、刊行が待ち望まれていた。小宇宙=人間から大宇宙=太陽系へと意識を広げ、宇宙を貫く「相応の法則」を用いて、太陽系内の創造活動、惑星や人間とのつながりを詳説する。4巻分冊で発行予定。

未完の自叙伝
アリス・ベイリー
AABライブラリー
2300円+税

厳格に育てられた少女時代、その後、キリスト教宣教師として働き、39歳でテレパシーを受け、ジュワル・クール大師の教えを出版した。本書は、アリス・ベイリーが自らの半生を克明に綴った自叙伝。その経験から得た、さまざまな霊的概念の意味を解説する。

人類の問題
アリス・ベイリー
AABライブラリー
1400円+税

教育、宗教、少数民族、労使など、現代の人類が抱える様々な問題を解決する鍵と、人類が進むべき方向を明示する。

キリストの再臨
アリス・ベイリー
シェア・ジャパン出版
1500円+税

本書は、ジュワル・クール覚者がアリス・ベイリーを通して伝えられた教えである。キリスト・マイトレーヤ再臨の背景、キリストの仕事と教えをつぶさに説明している。これが伝達された1948年の段階での予測と予言、そして世界の弟子達に再臨を一刻も早く可能ならしめるように道を整える仕事を要請した文書。再臨を決意するにあたってマイトレーヤが辿った過程、仏陀とマイトレーヤの関係、神の大計画における再臨の意義についても言及。現代起こっていることの意味の重大性を改めて認識させられる。(出版社より)

Related This Colum