Meeting With Remarkable People #35

イエス

B.C.4 - A.D.28頃

ユダヤ人として生まれ、数々の奇跡を起こし、救世主として民衆の信仰を集めた。
ゴルゴダの丘で処刑。彼の死後、世界宗教としてキリスト教が発展、数々の諸派を生んだ。

 2013年、聖ペトロ広場に鐘が響きわたった。第266代教皇フランシスコの誕生である。日本人にとっては他国の出来事だが、キリスト教は総人口の3割を占める世界最大の宗教。その報せは世界を駆けめぐった。キリスト教の影響は世界の政治や文化に色濃く表れている。私達が当たり前のように使っている西暦もしかり。しかしその教祖、イエスの生涯となると度重なる聖書の改ざんによって神話化され、真実を知ることは難しい。

 イエスの幼年期は、学術的にはまったく不明とされている。弟子達による福音書によると、北パレスチナのナザレの建設労働者のヨセフと、その妻マリアとの子として生れたことになっている。母マリアの処女懐胎、東方の三博士の礼拝などは後年、教会によって創作された伝説だと考えられている。

 イエスはユダヤ人であったので幼少期にはユダヤ教を学んでいた。しかし、人々の前に姿を現し、数々の奇跡を起こし始めるまでの約10年間、彼がどこで何をしていたのかは未だ謎となっている。

 ひとつのヒントとなりうるのは、1947年にクムランの洞窟から発見された『死海写本』だ。この古写本の中には原始キリスト教と呼ばれるエッセネ派の暮らしが描かれていた。記録されているのは紀元前125~後68年、ちょうどイエスの生涯と重なっている。イエスがクムランにいたかどうかは不明だが、当時のユダヤ~キリスト教徒の信仰生活をうかがい知ることができる。

 イエスがガリラヤ湖畔で布教活動をしていたヨハネの前に現れたのは、33歳から34歳の頃。ヨハネはユダヤ教の改革を掲げていた人物だった。ユダヤ教では、この世の終わりに「救世主」が現れると伝えられている。ヨハネはイエスこそ救世主だと信じ、それを人々に広めたという。

 その後イエスは荒れ野に行き、修行のため40日間の断食を行ったり、各地で教えを説きながら弟子たちを率いるなど自分が主体となった宗教活動を始める。

 イエスが起こしたと言われる数々の奇跡、最後の晩餐、ユダの裏切りなどのストーリーはあまりにも有名なので、ここでは省略したい。イエスは自身の著作を残していないので、これらのエピソードは新約聖書によるものである。

 イエスを死刑に処したのはユダヤ人だと思われがちだが実際の裁判はローマ人の提督ピラトによって行われた。当時イスラエルはローマ帝国によって占領されていた。ピラトは当初、イエスを軽微な処罰で済まそうとしたが、それに対して強い不満を表明したのがユダヤ教徒だ。イエスを死刑にしない限り、暴動が起きそうな気配にピラトは、政治的判断によりイエスに死刑判決を下したと聖書には記されている。

 イエスが何を語ったかを知る上では20世紀にエジプトで発見された、もうひとつの写本、『ナグ・ハマディ文書』が参考になるかもしれない。これは3~4世紀頃のキリスト教の教えを記録している文書で、弟子のひとり「トマスによる福音書」が含まれている。正統のキリスト教からは外典として位置づけられているが、ここで語られる114のイエスの言葉は、より生々しいリアリティを持っている。後に改ざんが加えられたと言われている他の福音書と比較して読んでみると、興味深い。ちなみに正典となっている、マルコとマタイの福音書は54年頃、ルカの福音書は60年頃に書かれたと言われている。

 キリスト教に限らず、宗教が組織化された後で人間としての教祖の生涯を知ることは難しい。しかし、キリスト信徒の共通概念を知らない限り、現代に続く欧米文化の理解は得られない。そういう意味では、日本人も一度は聖書を手に取って読んでみることをお薦めする。


Related Books

内なる光
信仰の遺言
トマス・ケリー
教文館
1980円(税込)

本書は、教義や信仰を語ったものではない。キリスト教的な魂を尊重しながら、深い思索をやめずに内的な修練を実践してゆく姿を独特な文体と柔らかいリズムで語った名著である。信仰と日常的実践を調和させてゆくことの困難さを吐露しながら、同時に深いヴィジョンを確かな叡知をもって静かに語り、克服への道を提示してゆく。内なる世界を認識したうえで、現実世界を創造することを私たちに呼びかけているようだ。

死海文書の謎 新装版
マイケル・ベイジェント
柏書房
5126円(税込)

1947年に発見された『死海文書』は、今世紀最大の考古学的発見と言われている。それまで直接の資料がなかった紀元後一世紀の事情を伝える原資料であり、神秘のベールに包まれていた古代キリスト教について、従来の説を覆すような内容であったからだ。その中には、当時のキリスト教徒たちの宗教観や祈りの方法、生活などが記されていた。キリスト教は、勢力を拡大していく中で、様々な改ざんが行われたと言われている。現在伝えられている聖書や教えの中には、時の権力者に都合がいいように、大幅に手を加えられてしまったものがあることは以前から知られていた。だから『死海文書』の内容は、今あるキリスト教にとって、まさに異端であり、その公開までには数々の壁が立ちはだかっていたらしい。宗教と言うのは往々にして、教祖が生まれた時代からだんだんと別の顔を持つようになるものだ。それはキリスト教に限らず、仏教やイスラム教など、どんな宗教にも見られる運命である。『死海文書』はイエスが生きた時代の本当のキリスト教の姿を垣間みることができる、希有な情報と言えるだろう。

解き明かされた死海文書
ゲザ・ヴェルメシ
青土社
2420円(税込)

1947年から1956年にかけて、死海周辺の洞穴からヘブライ語、ギリシア語、アラム語で書かれた聖書写本の断片が次々と発見された。この『死海文書』が、紀元後70年に起きたローマ軍によるエルサレム神殿破壊よりも前のものと判明したことで、当時同じ集団のなかでも多様な文書が聖書として扱われていた可能性が例証されるなど、古代ユダヤ教や初期キリスト教の研究は飛躍的に進歩した。本書は、死海文書研究の世界的権威である著者が、60年に及ぶ研究の歩みをまとめた最新の解説書といえる。2009年に文書全体の公刊が完了し、いまや電子書籍で一部を閲覧することも可能になった『死海文書』は、私たちに何を伝えようとしているのだろうか。

ヨブ記
トーマス・ムーア 序文 、鏡リュウジ 解説
コスモス・ライブラリー
1540円(税込)

人生に起こりうる矛盾と破綻、そして生きる不条理。旧約聖書の一節に収め納められた紀元前数世紀前のテキスト。非の打ち所のない善人で、信仰に厚いヨブという人物にふりかかる大きな災難を描いたこの寓話は、読み手それぞれの心をホログラムのように映し出すような力をもっている。合理性を追求する人間にとって、圧倒的で理不尽な出来事が人生に起こった時、今までの方向性を問い大きな変化を迎えざるをえない。人生はコントロールによって解決されるべき問題であるというメジャーな仮説に、『ヨブ記』の不可解なテーマは大きな疑問を投げかける。「解決するべき問題」ではなく、「問題といかに向き合うのか」が大きな意味をなすのだろうか。果たしてヨブが掴んだ答えとは?

旧約聖書 出エジプト記
関根正雄
岩波書店
660円(税込)

モーセが神と出会い、イスラエルの民を連れて、エジプトからイスラエルの地に向かうまでを描いた壮大なドラマ。モーセと神との対話が興味深い。

ナグ・ハマディ写本
初期キリスト教の正統と異端エレーヌ・ペイゲルス
白水社
3520円(税込)

20世紀にエジプトで発見された、もうひとつの写本。封印され、抹殺されたグノーシス主義が今鮮やかによみがえる。

イエスとマリア
聖性のみなもと
ヘンリー・J・M・ナウウェン
女子パウロ会
770円(税込)

自ら手を取りイエスとのより深い一致へと導く案内人マリアを体験した著者。その恵みに満ちた霊的体験を率直に語る「ルルド巡礼記」、司祭に向けてされたマリアについての講話を収録した本書。

死海写本
E・M・ラペルーザ
白水社
1046円(税込)

死海のそばで一人の羊飼いの少年が2000年前の神秘教団エッセネ派の文書を発見。そこには原始キリスト教の真の姿があった。

聖ベネディクトの戒律 
古田暁  訳
すえもりブックス
5280円(税込)

西欧社会・文化形成の基礎文献として、聖書と並び称されたこの書の存在はあまり知られていない。修道士たちの生活の基であり、西欧文化の基であった原書をラテン語から訳し、詳細な脚注ではじめて明らかにする。

スウェーデンボルグ、聖書を読む  
「預言書」と「詩篇」の真髄
エマニュエル・スウェーデンボルグ
論創社
3960円(税込)

エマニュエル・スウェーデンボルグの遺構「預言書と詩篇の内意概要」の全訳。

聖書の真義
M.ドーリル
霞ケ関書房
5500円(税込)

二千年前の過去生において、イエス・キリストから直接聞いたという、ドリール博士の新約聖書の解説。

死海文書と義の教師
石川道子 編
シェア・ジャパン出版
1601円(税込) 

本書は、聖書に不思議に欠けているイエスの時代の政治的社会的背景や、イエス自身の生涯に関する謎を解く貴重な文献として、死海文書を検討する。

新訳版 キリストのたとえ話
スティリアノス・アテシュリス博士(ダスカロス)
エドコム
2860円(税込)

キリストの弟子としての前世を生きたという著者、ダスカロスによる新約聖書の「たとえ話」についての解説書。キリストは教えを伝えるときには「たとえ話」を用い、それらは弟子たちによって福音書に記録された。

Related This Colum