meeting with remarkable people #05

クリシュナムルティ

1895 - 1986

インド生まれ。幼少時、神智学協会に「世界教師」として見出され、「星の教団」を設立。しかし、組織のあり方に疑問を持ち、自ら解散、その後は独自の探求を続けた。

「真理は権威者を必要とするものではなく、まして集団に属するものではありえない。」
– クリシュナムルティ –
『英知へのターニングポイント』

1895年、クリシュナムルティはカースト制の中では最高位であるバラモンの家系に生まれた。父は英国行政下で官吏をしていたが、退官後1909年に「神智学協会」に籍を置き、クリシュナムルティを含む子ども達と協会の構内に移り住んだ。

神智学協会とは、ブラヴァッキーによって設立され、古の知恵から精選した奥義や、霊的進化などを研究した神秘主義の組織だ。当時、協会はブラヴァッキー夫人とオルコット大佐の下での創設期から、ベサント夫人とリードビーターによる、発展・完成期に移行しつつあった。彼らは、「世界教師」の出現を待っていた。その降臨を受け入れる器として、クリシュナムルティに白羽の矢が立った。

有名な透視能力者であったリードビーターは、水浴の帰り、川岸に腰掛けている一人の少年を見かけた。その少年はかつて見たことがないほどのオーラを放っていた。他のメンバーは、この少年は体が弱く、勉強もあまりしない、ぼんやりした子どもと認識していたので、彼が世界教師であることに当初、疑いの念を抱いたらしい。

様々な準備が行われた。また、彼の資質はたしかにすばらしいものだった。神秘的なプロセスを経て、ついに彼は「世界教師」の器に融合した。1911年、クリシュナムルティを長とする「星の教団」が生まれる。彼が25歳の時、「星の教団」は世界各地で三万人以上ものメンバーを抱えるまでに成長したという。

しかし……。クリシュナムルティは、1929年、自ら「星の教団」を解散し、神智学協会を去ることを選ぶ。その「解散宣言」は衝撃的なものだった。

「真理は、そこへ通ずるいかなる道も持たない領域である。真理は限りないものであり、無制約的なものであり、それゆえ、ある特定の道をたどるように人々を指導し、あるいは強制するようないかなる組織も形成されるべきではない。」

彼は、一切の権威を拒んだ。協会の人達にとって、彼の選択は、受け入れがたいものだっただろう。世界教師を待ち望んできた彼らにとって、あらかじめ描かれていた未来の絵がうち捨てられたのだから。逆説的に言えば、それこそが、「世界教師」の意味だったのかもしれないけれど。その時、クリシュナムルティ34歳。以後、弟子もとらず、組織も作らない、彼の孤高の人生が始まった。

そう、ひょっとしたら、彼は生まれた時から、「真理なるもの」をあらかじめ感じていたのかもしれない。それが、「何か」は自分では表現できないけれど、目の前に現れるものが、「それではない」ことはわかる。

これは、真理を探究したいという欲望とは、また違ったベクトルを持っているように思える。人は、自分の未熟さを感じ、見えない答を求める。しかし、基準となる「それ」をあらかじめ知っている人にとっては、どうだろう? 人間がとらわれている際限ない幻想。どれをとりあげても、彼には、「それではない」ことがわかる。クリシュナムルティが「否定の人」と呼ばれる理由も、そんなところにあるのではないだろうか。神智学協会で過ごした時期があったからこそ、彼は、「それではない」ことに確信を抱けたとも言える。以後、彼は、「それではない」と言い続ける。

クリシュナムルティは、一個の自由人として、世界中を旅しながら、多くの人々と語り合った。自分で考え、真理を探究しようという人々の言葉に耳を傾け続けた。オルダス・ハクスレーや、ジョセフ・キャンベル、デヴィッド・ボームなどとの対話も、よく知られている。

ところで、彼には、「最愛のお方」と呼ぶ存在があったらしい。人に聞かれても、「言葉にしてしまえば、それは死物と化す」と明示はしなかった。しかし、彼にとって、その存在との言葉を超えた対話こそが唯一の濃密な関係性だったのかもしれない。1985年頃になると、彼は自分の死期を感じ初めていた。その一年後の1986年、カルフォルニアのオーハイの峡谷にて、「今晩、私は山の中に長い散歩に出る」という言葉を最後に、息をひきとった。


Related Books

瞑想
メディテーション

J・クリシュナムルティ
出版社 / UNIO
税込価格 : 1,296円

否定につぐ否定を通して真理を探究する思想で知られ、精神世界の中でも、王道的な存在である著者が、瞑想とは何かを、詩のような簡潔で美しい言葉で綴った本書。読み進めるうちに心に静けさをもたらすクリシュナムルティの言葉の数々。

大師のみ足のもとに
J・クリシュナムルティ
出版社 / 竜王文庫
税込価格 : 1,080円

14歳のクリシュナムルティが著した本書は、わかりやすい文章で、真理の道を求める人に重要な支持を集めている本と言われている。

英知へのターニングポイント
思考のネットワークを超えて

J・クリシュナムルティ
出版社 / 彩雲出版
税込価格 : 2,160円

思考は、とてつもないコンピューターや通信、医学など驚異的なものを作りあげたが、苦悩、不安、心配、悲しみもまた思考によるものだ。「思考を止め花を見つめるようにただ物事を観察すること」それによって新しいエネルギーが生まれることを語る9つの講話。

神話と伝統を超えて1
DVDで見るクリシュナムルティの教え

J・クリシュナムルティ
出版社 / 彩雲出版
税込価格 : 3,780円

講話や対話から葛藤、変化、自由など6つのテーマを選び、それぞれ約30分に編集した全2巻シリーズ。曇りなく、率直に言葉を語る物腰は静かで穏やか。彼の言葉に耳を傾ける者にとって貴重な映像。(日本語字幕/英語字幕/180分)

神話と伝統を超えて2
DVDで見るクリシュナムルティの教え

J・クリシュナムルティ
出版社 / 
彩雲出版
税込価格 : 3,780円

本作のテーマは、関係の問題、条件づけ、暴力的な自己、死、愛、宗教的な精神。各30分の計3時間を収録しており、膨大な講話・対談の記録から選びぬかれたクリシュナムルティの教えの集大成といえる。全2巻シリーズ。(日本語字幕/英語字幕/180分)

恐怖なしに生きる
J・クリシュナムルティ
出版社 / 
平河出版社
税込価格 : 2,160円

愛されない恐怖や、孤独や死への恐怖など、私たちは、さまざまな恐れを抱きながら生活をしている。なぜ恐怖は存在し、どのようにあらわれるのか、その根源は何であるかを理解することを促した本書では、恐怖を終わらせることにより、新しいエネルギーが生まれることを指摘する。

子供たちとの対話
考えてごらん

J・クリシュナムルティ
出版社  / 平河出版社
税込価格 : 1,782円

子供たちの感性に誘発されて、クリシュナムルティの応対も絶妙な対話録。日常的でありながら深刻な意味を持つ問題を扱っている。

しなやかに生きるために
若い女性への手紙

J・クリシュナムルティ
出版社 / 
コスモス・ライブラリー
税込価格 : 864円

十数年に渡り、あるインド人女性宛に書かれた手紙をまとめたもの。人生の困難に屈することなく、しなやかに生きるための言葉。

クリシュナムルティ著述集[第1巻]1933-1934
花のように生きる – 生の完全性

J・クリシュナムルティ
出版社 /  UNIO

税込価格 : 2,808円

第一次世界大戦後の混沌とした時代のなかで、「星の教団」を解散したクリシュナムルティは、世界を旅して講演を開き、彼のことばに耳を傾ける人々と、新たな対話を始めた。本書はクリシュナムルティの1933年から1934年の講話をまとめた初期の対話集。

既知からの自由
J・クリシュナムルティ
出版社 / コスモス・ライブラリー
税込価格 : 1,728円

『自己変革の方法』の新訳が登場。著者は、苦悩や恐怖の根源にメスを入れ、無知ゆえに陥っている混乱からの出口を指し示す。

時間の終焉
J・クリシュナムルティ&デヴィッド・ボーム対話集

J・クリシュナムルティ
出版社 / 
コスモス・ライブラリー
税込価格 : 2,484円

「人間は常に何かになろうとしてきたために、進路を間違えたのではないか」。クリシュナムルティと物理学者が人間の普遍的な問題について真正面から対峙、洞察した光をごく日常的な言葉で展開する。

[新装・新訳版]キッチン日記
J.クリシュナムルティとの1001回のランチ

マイケル・クローネン
出版社 / コスモス・ライブラリー
税込価格 : 2,700円

クリシュナムルティの下で11年間ものあいだ彼の料理を作り続けたという著者が、実際に作ったランチメニューを随所に散りばめながら、その日々を綴った貴重な一冊。クリシュナムルティが、自分を訪ねてきた多くの人々や親しい仲間らとランチを共にするなかで、ユーモアたっぷりに語った数々のメッセージが紹介される。何気ない仕種やライフスタイル、食事の傾向、服装にいたるまで、傍らで見つめ続けた著者だからこそ知り得た、孤高の覚者の日常の姿が描写されている。料理とは全く無縁の世界にいた著者が、なぜクリシュナムルティの料理人となったのかについても興味深く書かれている。

Related This Colum