meeting with remarkable people #07

安倍晴明

921 - 1005

平安時代の陰陽師、天文博士。幼少の頃から類い希な才能を発揮し、陰陽道の大家、賀茂忠行に師事。帝の信任を得て、数々の奇跡を起こしたと記録が残されている。

「とりわけ天体の運行によって自然現象の推移や人間の運命を未然に予知し、式神と呼ばれる呪法を駆使して、様々な超能力を発揮した安倍晴明こそ、最高の陰陽師として揺るぎない地位を保っている。」
– 豊島泰国 –
『図説 日本呪術全書』より

京都府 京都市 安倍晴明神社の安倍晴明公像

平安時代、ひとりの不思議な男がいた。その名を安倍晴明。陰陽師という職種につき、数々の伝説を残した。安倍晴明の人物像は、もはや虚構の中にある。なにしろ、平安時代末期の『今昔物語集』、鎌倉時代の『宇治拾遺物語』や『古今著聞集』、江戸時代の仮名草子『安倍晴明物語』、歌舞伎や文楽の演目、そして現代では小説、マンガ、映画など、いつの時代にも、「語られてきた」男だからだ。

彼は、実在の人物としてというよりも、物語の中に、その生命を宿していると言えるかもしれない。それはそれとして、ここでは、語り継がれてきた彼の姿の断片をあげてみよう。

生まれは、大阪の阿倍野、讃岐、筑波など諸説ある。父は、安倍益材(あべのますき)。母は、霊狐であるという説が最も人気が高い。遊女とも巫女であったとも言われている。いずれにしても、彼の出自は謎につつまれている。
幼少の頃から怪異を見る力を持ち、類い希な才能を発揮していた晴明は、当時の陰陽道の大家、賀茂忠行に師事することになる。

陰陽道とは、中国の陰陽五行思想が海を渡り、日本古来の風土と結びついて体系化されたものだ。天文・暦法・占術などの学問を元に、呪術・祭祀を司る。晴明が生まれた時代には、陰陽寮という役所があり、公の機関として役割を担っていた。現在で言えば、科学研究所と政府のブレーンを兼ねたようなものだったのかもしれない。いわば、一種の官僚でもある。

彼の才能は、次第に人々の知ることになり、帝の信任を得るまでになった。彼は、鬼を見、式神を操り、病をしずめ、雨を降らせる。いずれも事象のダークサイドに関わるものだ。彼は天文博士という称号を持っていたが、位階は従四位どまり。圧倒的な異能を評価されながらも、陰陽寮の長である、陰陽頭になることは、最後までなかった。あるいは、怖れられていた、とも言えるだろう。

晴明が伝説のヒーローとなったのは、その身の置き方の鮮やかさが見事だったから、とは言えないだろうか? 力を使うのは、民衆を支配するためではなく、むしろ、ねじれた力を解放するため。また、光と闇の中を行き来する、
その自由な姿に、人は何かの原型を見たのかもしれない。

人は力を欲する。圧倒的な力を求めて、どろどろの戦いを繰り広げる。いつしかそれは、個人の思惑を越えて、
鬼になり、怪異となって、世界の中でうごめき出す。呪術とは、そのような力をくるりと裏返してしまうもの。人間の潜在意識や妄念から生まれる力を、逆手にとって、別のベクトルに変えてしまう……。

力をコントロールできる能力を持つためには、力の渦中から離れていられる、醒めた目が必要なのだ。さもないと、自分がその中で溺れてしまう。幽玄、侘び、寂び、禅などに引き継がれていった日本の霊性の種が、晴明の姿に眠っているような気がする。

彼は、85歳まで生きたという。当時としては、異例の長寿である。晴明の死後、彼の子孫は土御門家として、歴史の舞台裏で君臨し続けた。京都にある安倍晴明神社には、今でも参拝者の姿がとだえない。


Related Books

陰陽師 1
岡野玲子、夢枕獏
出版社 / 白泉社
税込価格:833円

式神を操り、天文に通じ、母は白狐と噂される陰陽師であり天文博士の、安倍晴明。その晴明と行動を共にする、武士に下った皇族で管弦の名手、源博雅。呪の力で閉ざされた都の闇を舞台に始まる二人の鬼退治は、時の権力者たちを巻き込みながら進むうち、やがて時空を超えた壮大な物語へと変化していく。

役小角読本 [新装版]
藤巻一保
出版社 / 原書房
税込価格:2,052円

安倍晴明と並んで日本の呪術師として有名な役小角。孔雀明王の呪法を自在に操った役小角、仏教を広めたとして徳の高い役小角、様々な表情をみせる役小角をそれぞれの史実から説話までを取り上げ、考察している。興味深い挿し絵も多く非常に読み応えのある本。

実践講座 呪術・霊符の秘儀秘伝
大宮司朗
出版社 / ビイング・ネット・プレス
税込価格:1,836円

安倍晴明の式神使役法、霊符、鎮魂法、言霊など、秘法とされてきた呪術から、誰にでも簡単にできる呪術の秘法を公開。

図解 陰陽師
高平鳴海 他
出版社 / 新紀元社
税込価格:1,404円

陰陽道の術や儀式などの基礎知識から、呪詛、陰陽道紳士録など101項目のファイル形式で判り易くコンパクトにまとめた一冊。民間陰陽師の一種で、お祓いや占い以外にも何か芸をしたり、簡単な暦を作って庶民に風習を広めた「声聞師」など、宮人陰陽師とは異なる陰陽師の意外な側面なども紹介。平安時代に活躍した安倍晴明から、現代につたわる「いざなぎ流」、その根底に流れる陰陽道、陰陽師という存在、彼らは何をしていたのか。

図説 日本呪術全書
豊島泰国
出版社 / 原書房
税込価格:3,456円

ネガティブなモノにさらされた時、どう対処すればよいのか。古来日本から伝わる、病気の治癒、雨乞い、延命などの呪術。

日本古代呪術
陰陽五行と日本原始信仰
吉野裕子
出版社 / 講談社
税込価格:1,134円

森羅万象を陰と陽の関係からとらえる大陸渡来の陰陽五行思想は、どのようにして日本列島に浸透していったのか。民俗学の大家として知られる著者が、日本古来の原始信仰と陰陽五行の習合、そこから生まれた日本古代の呪術を「性」と「陰陽五行」を鍵に大胆に読み解いていく。

Related This Colum