※記事は2014年のものです。
予めご理解のうえお楽しみください。

CREATORS #07

スピリチュアルな本を生みだす人々

めるくまーる / 代表 梶原正弘氏

60~70年代、アメリカではカウンター・カルチャーが勢いを増し、それまでの豊かな生活と安定というアメリカ中流社会の価値観を物質主義と捉え、それに対し様々な疑問を投げかけました。そういった時代の意識の中で、めるくまーる初期に出版された和尚(ラジニーシ)の『存在の詩』は、当時、鋭敏な感覚を持っていた人々にとって衝撃的なメッセージを伝える伝説的な書となりました。その流れが過ぎ去った現在でも、その基盤となった根源的な問いは、人間が生きている限り存在し続ける普遍的なテーマです。今も、同じテーマを核として持ちながら、ジャンルを超えたより広い対象へ向けた本を世に出しつづけている出版社、めるくまーる代表、梶原正弘氏にお話を伺いました。

●会社概要、発行物の傾向

1971年に和田禎男により創業された「めるくまーる」は、今年で44年目を迎えます。(このインタビューは2014年当時のもの)
精神世界、アメリカインディアンの本を中心に出版活動を続けています。「めるくまーる」とはどういう意味か、と訊かれることがよくあります。「MERKMAL」とは「目印・目標・道しるべ」などを意味するドイツ語です。さまざまな文化活動の前線を注視しつつ、その中から真に共感し得る方向性を選び取り、人類進化の「道しるべ」となるべき書物を紹介していきたいという願いから、社名を「めるくまーる」といたしました。

学問や職業が専門分化されていくにつれて、私たちは知識においても体験においても、世界をリアルに認識することが困難になってきました。そして、世界認識が曖昧になるにつれて、人生の意味も見失われつつあります。そこで私たちがまずもって選び取りたい方向性とは、「私」と「世界」との有機的な相関に視点を据えるということに他なりません。人々は太古から同じ悩みを悩みつづけてきながら、相変わらず解決できない問題を抱えています。

一方、人類文化はめざましい勢いで変化を遂げつつあります。「不変なるもの」と「変化するもの」との調和的な出会いこそが、「いま、ここに、生きて、在る」
という実感を私たちに与えてくれるにちがいありません。弊社の出版物がそのような出会いを演出することができれば、望外の幸せです。

●特別な思いのある一冊
ノーベル賞を受賞した利根川進博士との対談をまとめた立花隆氏の『精神と物質』(文藝春秋)は、印象に残った一冊です。この本の最後で、はたして精神現象は物質レベルで説明できるのかという立花氏の疑問に、利根川博士は人の喜怒哀楽を含むあらゆる精神現象は物質の作用で説明できると断言します。これを読んだ当時、利根川博士の考え方に強い違和感を覚えましたが、今では利根川博士の立場を支持する側になりました。

●スピリチュアルブームについて
「スピリチュアル」をどのように定義するかにもよりますが、「人間とは何か」という人類究極の問いに対するある角度からの見方なのでしょう。それは自然科学や人文科学などとともに、一つの切り口としてすでにブームではなく確固たる地位を確立していると思います。

●本とのつきあい方
人との出会いと同様に本との出会いもまた人生を豊かにしてくれるものです。すばらしい本との出会いは、人生にとって掛け替えのない財産となるでしょう。誰もが言うことですが、やはり多くの本を読むことにつきます。

●今後の展望
自然の営みのなかで地球に誕生した人類の営為は、すべて自然の内にあります。人間の叡智を信じてはいますが、自然はそれを遙かに超える大きな存在だと感じています。私たちにできることは 「今を大切に」 生きていくことでしょう。

●若い人へメッセージ
はるか昔より時代が若者たちを育ててきました。私たちは好むと好まざるとにかかわらず時代の中で生きることを余儀なくされていますが、それに抗うこともなく、媚びることもなく、たおやかにチャレンジしてほしいと思います。


公式サイト:図書出版 | めるくまーる
https://www.merkmal.biz/

Related Books


【used】存在の詩
和尚 ラジニーシ
6000円+税

かつて、この本を読んで衝撃を受け、バイブルのようにしていた人も多い。卓越した比喩とロジックで、抽象的なタントラの神秘を解説する本書。「闘う必要なんかない。泳ぐことも必要じゃない。ただ一緒に漂うのだ。川とともにくつろぐこと。それがタントラだ。」

今日は死ぬのにもってこいの日
ナンシー・ウッド

1700円+税

著者はタオス・プエブロ・インディアンの古老たちと30年以上交流し、大地に根ざした世界の見方、生と死の豊かな意味を受けとった。冬に葉を落とした枯木も、春にはいっせいに芽吹く。死とは、生の新たな円環の始まり、祝祭だ。大いなる自然から学び、紡がれた叡智の言葉。英原文収録。

リトル・トリー 普及版
フォレスト・カーター
1000円+税

インディアンの祖父母によって育てられたこの少年に、この世はなんと生き生きと映るのだろう。みずみずしいスピリットの風を運んでくれる。

注目すべき人々との出会い
G・I・グルジェフ
2200円+税

神秘思想家グルジェフが若かりし頃、出会った重要な人々とは? 生に対する根本的な疑問への解答を求めていった魂の冒険譚。

【used】 内なる島
ワタリガラスの贈りもの
リチャード・ネルソン
1000円+税


人類学者の著者が、手つかずの自然が広がる南東アラスカの「ある島」と出逢い、そこで体験した地球の営みの神秘と生命の複雑なつながりを綴る。本書に散りばめられた故・星野道夫の写真、先住民コユーコン族の長老の言葉もまた自然の代弁者として囁きかけてくる。大地に根を張って生きる人々の姿から、あなたは何を受けとるだろうか。

それでも あなたの道を行け
インディアンが語るナチュラル・ウィズダム
ジョセフ・ブルチャック編
1700円+税

私たちはみな、数えきれないほど多くの生命のバトンを受け継いで、いまここに生きている。時代は違っても、現代を生きる私たちと同様に悩み、苦しみながら生き抜いてきた先人たちの言葉は、かけがえのない人生のガイドとなるはずだ。アベナキ・インディアンの血を引く著者が、シアトル首長やブラック・エルク、各部族の生き方の教えや現代の長老たちのメッセージなど、1800年代から現在に渡って受け継がれた知恵の言葉を集めた一冊。

神の肉 テオナナカトル
杉山明
1600円+税

ボブ・ディラン、ティモシー・リアリー、ビートルズ……。60年代、多くの巡礼者たちをメキシコへと呼び寄せた聖なるキノコ、テオナナカトル。死んだ父親と再会するため、その「神の肉」を求めて旅立つ。誰もが一度は直面する、家族との葛藤、人生の苦悩、愛を描いたロード・ノベル。

インテグラル・ヨーガ
パタンジャリのヨーガ・スートラ
スワミ・サッチダーナンダ
1800円+税

自分自身の内に向かい、探ることで我々は心を理解し制御することができるのか? パタンジャリのヨーガスートラを現代に活かす。

【used】チベットの偉大なヨギー ミラレパ
おおえまさのり 訳編
6300円+税

鎌倉時代の僧侶、親鸞が唱えた「悪人正機説」の「悪人こそが救われる」という思想の本当の意味は何なのだろうか?善いことを行っていれば救われる、悪行を行えば地獄に落ちるという価値観の中では、悪いことを行わないだけの中途半端な人々よりも、自分は悪であると徹底的に認識している人の方が、逆の方向へ突き抜ける可能性を秘めているからではないだろうか。チベットの伝説的な聖者ミラレパの生涯からは、その逆ベクトルへ突き抜けるエネルギーの壮絶さを見て取ることができる。父親亡き後、自分の母親をだまして財産を奪いとった親戚への復讐のために黒魔術に手を染め、復讐を果たしたミラレパは、後にそのむなしさを悟り修行に励む。しかし、自らの犯した罪のカルマにより想像を絶するような修行を師から課せられる。絶望に陥るミラレパであるが、その絶望こそが彼のカルマを浄化し、後に比類なき聖者となったのである。一見非情に思えた師の振るまいも、ミラレパの修行のために必要であったことが後に明かされる。何が善で何が悪であるかは、どの観点から物事を見るかによって大きく変わってしまうのだ。

Related Column's